どこの娘さん

「最近キレイになったね」と言われ続ける女でいる。

どこの娘さん

健康
ミステリー
コープデリ
プロフィール

古畑任三郎が大好き!【新しい古畑!?】ミステリー大好き主婦が語る!

こんにちは!

どこの娘さんです!

f:id:dokonomusumesan:20181028142526j:plain

【古畑任三郎】は、”三谷幸喜”作品です!

ミステリーが大好きな私が、大人になっても尚楽しめる【古畑任三郎】の魅力について語ります!

と、言うのも。

この度、新しい古畑任三郎を作ろう!と、テレビ業界が動き始めました。

「え!田村正和さんの変わり!?」

様々な意見がある中、私が【古畑任三郎】を演じてほしい俳優さんも教えちゃいます。笑

古畑任三郎のシリーズ

古畑任三郎は、私の歳(20代後半)では再放送のイメージ。

夕方の再放送を何度も見ていました!

ドラマは、スペシャルドラマを抜くと、

・シーズン1

・シーズン2

・シーズン3

と、わかれています!

シーズン1の好きな所

当時子供だったので、大人になって改めて見て特に驚いたのが、このシーズン1。

犯人役がとにかく豪華なんです。

豪華な俳優を惜しげもなく使える特権は、【古畑任三郎】のドラマ構成にあります!

そう。

先に犯人が分かった上で、ストーリーが進んでいくスタイルという事。

ミステリードラマの勿体ないところが、豪華な俳優を使うと犯人だとバレるという事。

「警備員のちょい役にこんな豪華な人使う!?」

みたいな所から、

「あ。やっぱり犯人だったのね。」

と、ガッカリした事がたくさん。

その頃から、有名な俳優が分からない”海外ドラマ”のミステリーを見るようになりました。

最近のドラマは、その辺りも上手く分からないように作られていて楽しめますね◎

記念すべき第一話の犯人役は【中森明菜】さんです!

フジテレビ系なので、FODで配信されています!

コチラからどうぞ▼▼

シーズン2の好きな所 

はい。テレビ業界でも有名なこのシーズン。

何がって、

【明石家さんま】さんが犯人役として登場!

このドラマの撮影中にさんまさんが、田村正和さんの逆鱗に触れた事でも有名ですね!

そう思って見ると、また一層躍動感を感じられて、ドラマ好きにはたまらんのです。

さんまさん上手いですよねえ。

新しい古畑任三郎でも是非出演して頂きたい!

シーズン3の好きな所

シーズン2と3の間にスペシャルドラマも多く、一気に映像も綺麗になります。

相変わらず犯人役の俳優は豪華ですが、 特に、ラスト2話続けてのストーリーは初です!

犯人役は【江口洋介】さん。

前編・後編共に、時間が一瞬で過ぎます!

今までの殺人犯とはちょっと違う犯人。

天才で孤独。

似た者同士?

古畑との対決は見逃せません!!!

新しい古畑は誰がするの?

今挙がっている俳優は、

・阿部寛さん

・オダギリジョーさん

ですね。

ここまで明確に名前が挙がっているということは、どちらかなんでしょうねえ。

まあ。

脚本は三谷幸喜さんが引き続き担当してくれるようなので、 そこもまた俳優を見つつ、素敵に描いてくれると思います!

ですがああああああ!

私は是非この方に演じていただきたい!!

元SMAP 稲垣吾郎さん

古畑任三郎の特徴は、

・品があり

・わがまま

・多彩な知識

・ひねくれた物の見方

なんとなく、なんとなくですが、【稲垣吾郎】さんが適任な気がしませんか?!笑

そんな、犯人からするとめっちゃウザい!って思われる、それでいて憎めないキュートな人柄を、引き継いでもらいたいですよね。

マネはやめて!!

Twitterでは、古畑と言えば自転車に乗っている姿を上手くマネれる俳優が良い〜とか言われているようですが、そんなのどうっでもいい!!

脚本は文字です。

それを読んで、人間にしていくのは、俳優の仕事。

田村正和さんのマネをするような古畑任三郎は、あまり見たくないですね。

脚本上の設定の【古畑任三郎】を上手く演じる方にしていただきたい!!

ただ、それだけです。

早く情報解禁してほしいですね!!!

あ〜楽しみ!!!!!

古畑任三郎を見るならFOD

合わせて読みたい

よしながふみ

 

この記事を書いた人

どこの娘さんは女性のための面白い記事を公開中!
▼画像から飛べます

トップ

https://www.dokonomusumesan.com/

是非、ホーム画面への追加をお願いいたします!

オススメのスキンケア用品やコスメも紹介しています!

Instagramはコチラ♪
どこの娘さん。 (@dokonomusumesan_moji)

Twitterはコチラ♪
どこの娘さん。 (@dokonomusumesan)

カテゴリーから色んな記事が読めます