どこの娘さん

「最近キレイになったね」と言われ続ける女でいる。

どこの娘さん

健康
ミステリー
コープデリ
プロフィール

又吉直樹原作『劇場』を専業主婦が観た。作者のトリックに引っ掛かり涙。

こんにちは!

どこの娘さんでっす!

f:id:dokonomusumesan:20200624143734p:plain

・ミステリーオタク
・超テレビっ子
・超映画好き

毎日映画とドラマを観るのが生き甲斐の専業主婦でっす!

芸人の又吉直樹さんが執筆した『劇場』が映画化されました。

2020年7月17日に公開

なんと、Amazonプライムでも同時公開だったので、プライム会員は見放題で視聴できたんです!

ありがとおおおおお

小説を読む前に、まず映画から入りました。

『火花』は読んでもないし、観てもないです!え

純粋に、素直な気持ちで観ました。(良いように言うと笑)

感想を簡単に言うと、

「めっちゃ良い」です。

特に、演劇関係者はまず観よう。とオススメしてしまいます。

興奮の気持ちを抑えつつ、感想をお話しするので、是非最後まで読んでください!

『劇場』について

又吉直樹さんの長編小説。

又吉さん初の”恋愛小説”との事。

キャスト

山崎賢人
松岡茉優

タッグを組むのは、行定勲監督

さ・い・こ・う。

行定勲監督作品

『世界の中心で、愛をさけぶ』
『クローズド・ノート』
『ナラタージュ』
『リバーズ・エッジ』

私の大好きな、

Voyage / 浜崎あゆみ

のミュージックビデオも手掛けてまっす!

あらすじ

劇作家を目指し上京した永田(山崎賢人)

女優を目指し上京した紗季(松岡茉優)

永田は高校時代からの友人で、自身が演劇に興味を持つきっかけにもなった野原と共に、劇団【おろか】を立ち上げる。 

上手くいかないが、【おろか】で脚本を書く事で生きている。

そんな時、服飾系の学校に通う紗季に出会い恋に落ちる。

物事や言動を皮肉に捉える永田とは、対照的な紗季。

すぐに紗季の家に転がり込み同棲。

永田は、心に素直で感情に意味をつけない紗季といる事が癒しで、だけど逃げ出したくて。

夢を叶えたい2人に、夢は重くのしかかる。

好き嫌い分かれると思う

私はミュージカル経験者で、舞台女優になるのが夢でした。

そんな私が観ると、めっちゃおもろい!

『劇場』って題名なだけあってね。

もちろん共感が多いのも面白いポイントだけど、正直、演劇関係者じゃなくてもハマる人にはトラウマレベルでハマるんじゃないかしら。

夢破れた人とか。

そんな大袈裟なものじゃなくても、何かを成し遂げられなかった人とか。

小説を書いてる人にもオススメだなあ。

逆に、

現状に満足していたり、夢を叶えた人は、あまりささらないかもでっす。

現状不幸な人ほどそれが良いスパイスになるんじゃないかしら。

劇作家の永田に感動、じゃなくて。

”紗季”の存在に胸が苦しくなるはず。

紗季の存在

福間健二は「めちゃ性格のいい天使的女性と救いがたくダメな男の話。古い」とコメントをつけた

Wikipediaに書いてあった映画評論家の評価の一つにこんなのがあったんだけど。

んー本当に観た?って思いました。

紗季のことを天使的女性って。笑

ずいぶん後になってやけど、紗季が一番誰もが共感できる存在だったんだ。って気付かされるんよ。

つまり、紗季は天使なんかじゃなくて一番人間らしかったってこと。

これが、『劇場』のミステリーな部分だと私は思ったよね。

いや別に、本当にミステリーな訳ではないよ!

ある意味どんでん返しだった。

そう言った意味では、永田と同じ気持ちだったから、作者の意図で永田に共感させられてたんよね。

え、めっちゃ面白くない?

作者の罠

さっき書いたように、作者の意図で”永田に共感させられてた”ってどゆこと?

についてですが。

演劇関係者、小説家、まあその辺りの経験がある人って、永田のような人生って実は憧れでもあるのよ。

ボロアパートに住んで、昼間は喫茶店で執筆活動。

常にその事で頭がいっぱいで。

いつか自分の存在や才能に気付いて、人生がガラッと変わることを信じてる。

でも、馬鹿じゃないから。

自分がそんな才能がなくて、求められていない事も分かってて。

でも生き方は曲げられないし、帰る場所もなくて。

社会に出て働くことを考えるとゾッとして。

酒を飲む。何も持たずに下北沢を散歩する。

ちょっと喧嘩する。

いやいや、書き出したらキリがないから、『劇場』観て?って感じやねんけど。笑

「最低のクズ」やけど、その生活に憧れてるんよね。

だから、観た人はきっと、サラリーマンをしながらOLをしながら専業主婦をしながら、永田の生き方に共感してしまう。

かっこいいと思ってしまう。から、共感せざるを得ない。

で、永田と同じように、横で「うんうん。」って「すごいね!」って話を聞いてくれる紗季の存在に救われていく。

「こりゃ素敵な彼女だなあ」って。

でも、実は自分は”紗季”だったことに気付くんよね。

だって私、専業主婦しながらこの映画を観てるんやもん。

夢を追いかけてる”永田”ではなくて、私は”紗季”なんだよね。

最後の終わり方

私は”紗季”だったんだ。って気付いて、その後はもうパタ、パタ、パタ、よ。

このパタ、パタ、パタ、は観てね。

いやもう、本当に、うわ。そうだよね。って。

私は客席でこの『劇場』を観てたんだ。って。

私は”紗季”だったんだ。って。(何回言うん笑)

でもほんまに、そんな気持ちになるねん!

初めに、現状に満足してる人は好きじゃないかも?って言ったけど、この最後の終わり方とか、表面でしか捉える事ができひんと思う。

ただその人達が、しっかりちゃんと生きてきた証拠でもあるんやけどね。

私のように、夢に破れて、でもなんかまだあるんちゃうかな。とかずっと考えてる人にはたまらん映画でっす。

胸ぎゅーーーーーってなるよ。

んで、何か思ったり感じたりしたなら、行動にうつしましょう。

▼ランキングが上がります!嬉しいです!ポチッとお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

合わせて読みたい

森博嗣さんはミステリー好きなら読むべき! 

森博嗣

 

FODのオススメミステリー作品

FODミステリー作品1

 

FODのオススメミステリー映画

FODミステリー映画

この記事を書いた人

どこの娘さんは女性のための面白い記事を公開中!

トップ

https://www.dokonomusumesan.com/

SNSは、オススメのスキンケア用品やコスメも紹介しています!

フォローしてねえええ

カテゴリーから色んな記事が読めます